リーグ運営について

 

東京北砂リーグ運営方針

東京北砂リトルリーグは、「礼儀」「挨拶」「感謝」「団結」はもちろんのこと選手たちに「積極性」「挑戦」をしつづける努力をする選手育成に取り組んでいます。



  • メジャー
    (小学5年8月~中学1年8月まで)

    リトルリーグ・ワールドシリーズで優勝実績のある監督・コーチにより指導が行われます。中学、高校と活躍できる選手の育成に取り組んでいます。進路については、夏季大会終了後に希望を聞いて体験などの相談に応じております。(強制的に中学クラブチームへ行くことは指導をしておりません。)


  • マイナー
    (小学3年8月~小学5年8月まで)

    この世代から、硬式球を使用した野球となります。「積極的な打撃」と「確実な守備」をできるように日々努力し、硬式野球に必要な基礎を指導しています。


  • ジュニア
    (年長~小学3年8月まで)

    使用するボールは安全なトレーニング球(ZETT社製 BB1400)を使用して、T台を利用したティーボール野球を行います。この世代では、「投げる」「捕る」「打つ」「走る」を基本に、キャッチ―ボールができるようになること、野球のルールを知ることを大切にし、試合で「勝つ」喜びと「負け」の悔しさを知ってもらうことで野球を好きになってもらえるように指導をしています。

東京北砂リトルリーグでは、スタッフの指導料やグランド費などは発生しません。スタッフはすべてボランティアです。
そのため、グランド整備や試合などのお手伝いがあるため、父兄のご協力をなしでは活動をすることはできません。
当番があることをご理解ください。

月謝等

東京北砂リトルリーグでは、費用等は以下のようになっております。

入会金 10,000円(初回のみ)
衛生費 4,500円(初回のみ)
月謝 メジャー:6,000円
マイナー:5,000円
ジュニア:4,000円(年長:2,000円)
父母会費 500円/月

その他、大会用ユニホームレンタル代、帽子等の費用があります。
リーグで統一のカバンなどはありません。
グローブは使い慣れた軟式用グローブで構いません。
バット、ヘルメット、捕手用具、ファーストミットはリーグで用意しています。購入する必要はありません。
詳しくは、体験・見学に来ていただいたときに説明いたします。

卒団後の実績

  • 中学クラブチーム
    リトルシニア
    世田谷西、東練馬、浦安、市川、調布、荒川、江戸川中央、東京神宮、江東 など
    ボーイズ
    志村ボーイズ、江戸川南ボーイズ、城南ボーイズ、中央ボーイズ、城東ボーイズ
    ポニー

    江東ライオンズ、羽田アンビシャス、墨田ポニーなど
  • 高校野球
    東東京
    関東一、二松学舎大付属、帝京、日大豊山、日大一、修徳、岩倉、都立小山台、都立城東など
    西東京
    日大三、東海大菅生、國學院久我山、早稲田実業、早大学院、佼成学園、国士館、日大鶴ケ丘、都立日野など
    他地方

    慶應義塾、横浜、桐蔭学園、桐光学園、法政二、専大松戸、中央学院、東海大市原望洋、慶應志木、花咲徳栄、常総学院、山梨学院、都市大塩尻、八戸学院光星、盛岡大付属、聖光学院、仙台育英、早稲田佐賀、県岐阜商、静岡、高鍋など

リトルリーグとは

主なルール

リトルリーグの野球はほとんど軟式と変わりませんが、発育途上の子どもたちの体への配慮や、フェアプレーの精神を尊重するため、一部独特の決まりがあります。
通常の野球ルールとの違いで最も大きいのは、離塁(塁を離れること)の制限です。ふつうの野球の場合、ランナーが塁から離れてリードすることができますが、リトルリーグでは、ピッチャーが投げたボールが打者に届く前や、打者が打つ前に塁を離れてはいけないことになっています。もしこれに違反して早くスタートを切ったりすると、塁を戻されたり、得点が認められなかったりします。
ランナーが塁から離れないので、ピッチャーは、ランナーがいてもふりかぶって投げることができ、ランナーをけん制する必要もありません。投げようとしてボールを落とすなどを除けば、ボークもないことなどが、リトルリーグの特徴です。また、ピッチャーの肩やひじの負担を考慮して、投球数が年齢(11~12歳・1日85球、10歳・1日75球)に基づいて決められています。

練習施設・機材

  • ティーバッティングネット
  • 3点式ピッチングマシン
  • ブルペン